キャンパスライフ

キャンパスライフ

キャンパスカレンダー
キャンパスライフは授業だけじゃない!楽しいイベントが盛りだくさんで、あなたのキャンパスライフを充実したものにします。

4月
★入学式
★新入生ガイダンス
5月
★釈尊降誕会(花まつり)
★スポーツフェスタ
6月
7月
★魂祭(たままつり)
★オープンキャンパス
8月
★全国私立短期大学体育大会
9月
10月
★織姫祭
11月
12月
★成道会
★表現活動発表会(ラ・ネッサンス)
1月
2月
★涅槃会
3月
★卒業式
★海外研修

TOPへ戻る

通学・一人暮らしの学生支援

自宅から通学ってどんな感じなんだろう?!

松田 実咲さん(こども学科2年 足利短期大学附属高等学校 出身)
幼稚園教諭二種免許と保育士資格の両方がとれることや母親のすすめもあって推薦で入学しました。入学して気づいたことは、より良い保育者を育てるための先生と大学の配慮がすばらしいということです。たとえば、悩みや相談事があったときに、先生に相談しやすい距離感と環境。ピアノ室が個室でたくさん用意され、ピアノが苦手な人でも練習しやすい環境。グループミーティングを月に1回行うことで、大学への改善点や授業への希望や意見を言いやすい。このように学生生活を満足できるように考えられているのです。将来は、保護者に信頼され、子どもと楽しく園生活を送りたいです。保育者になりたいという気持ちがあれば、楽しくてすごく良い学校なので、ぜひ大学受験頑張って下さい!!

起床時間
7:00
朝ごはんはしっかりとります。太田から車で通学。30分ぐらいで大学に到着。
午前
8時40分に学校に着いて、1コマ目の授業が始まるまでは友達と楽しく話しています。
お昼
12:00
空いてる教室や演習室などで友達と話しながら楽しくご飯を食べます。学食も量が多くてとてもおいしいので、大好きです。
午後
空きコマがある時はピアノ室でピアノの練習をしています。ときには友達と生協に行って買い物。新作も入っていて盛り上がります。
アルバイト
帰宅時間
19:00
就寝
0:00

TOPへ戻る

はじめての一人暮らしってどんな感じなんだろう?!

髙野 美香さん(こども学科2年 福島県立郡山北工業高等学校 出身)
オープンキャンパスに参加して、勉強しやすい環境と先生と学生の仲が良いことを感じ、受験しました。ここでは保育者を目指す人達ばかりなので、誰とでもすぐ仲良くなれます。優しい人が多くてみんな頼りになります。それは友達だけではなく、先輩や先生方にも言えること。授業や実習のことで分からないことを聞くと、例え話を交えながら教えてくれます。一人暮らしの悩みも聞いてくれるから心配はありません。今は、実技で学んだピアノや手あそび、レクリエーションなどもできるようになり、改めて自分が保育者を目指しているのだと実感しています。将来は、子ども達と園庭で走り回ったり昔ながらの遊びを楽しんだりしながら、保護者との信頼関係をしっかりと築いて、楽しい毎日を過ごしたいと思っています。

起床時間
7:30
朝ごはんはしっかり食べます。
通学
自転車でアパートから約10分大学に到着。
午前中の授業
お昼
12:00
友達5人で学食へ。お弁当や学食でのランチ。
午後
サークルがある日…サークル仲間と体育館でバレーボール。
アルバイトの日…すぐ帰宅
なにもない日…友達と夕食を作ったり食べに行ったり、夕食をたのしみます。
帰宅時間
16:30~17:00
帰宅後から就寝まで
・次の日の課題をしたり、ピアノ。
・家事(掃除・洗濯・夕食作り)
・アルバイト…21時頃まで。

TOPへ戻る

一人暮らしをする学生へ

アパート紹介

はじめてのひとり暮らしをサポートします。足利短期大学では希望者に対して、近隣のアパート物件情報をまとめて送付しています。豊富な経験を持つアパートの大家さんが、大学周辺のアパートを紹介します。希望に沿った物件がきっと見つかるはずです。お気軽にお問い合わせください。

◆◆◇足利短期大学近くの不動産屋さん情報◇◆◆

業者名 電話番号 ホームページ
さくら屋不動産 0284-21-2345 http://www.sakuraya.net/
アパマンショップ足利店 0284-64-7221 http://www.apamanshop.com/
レオパレス21 0284-73-1681 http://www.leopalace21.com/private/ashikaga.html

お問い合わせ 《 足利短期大学 事務室 》

電話による受付 0284-21-8242
月曜日~金曜日(土日祝日を除く)8:30~16:30
FAXによる受付 0284-21-1270

TOPへ戻る

大学・地域連携プロジェクト

大学・地域連携プロジェクト

プロジェクトの経緯
平成27年春、栃木県総合政策部より栃木県内の高等教育機関で学ぶ学生を対象に、「大学・地域連携プロジェクト支援事業」の募集が開始されました。募集の趣旨である“栃木県内の大学等の学生が、新しい発想や活力を活かして地域の課題解決に取り組むプロジェクトを支援することにより、大学が有する知の拠点機能を充実させ、地域に貢献する実践的な人材育成や世代間交流を促進する”に賛同し、足利工業大学と足利短期大学の学生が足利市役所企画政策課と連携し地域の問題解決に取り組むプロジェクトに名乗りを上げ採択されプロジェクトが始動しました。
竹灯りになった経緯と背景
学生間で話し合いを行った際に、市街地活性化を目的とするイベント計画として『竹あかり』を含むプロジェクションマッピング等の活動を行いたいという意見が挙がったことから、企画を進めました。工学部の学生が中心となっていることから、灯りはLED電球を使っています。
これまで行ってきた活動
本格的に始動したのは平成27年の夏からです。この年は、足利工業大学の『わたらせ祭』と足利短期大学の『織姫祭』にて展示を実施しました。その際にあがった問題点や課題、来場者の意見を基に竹の細工やLED電球の改善を行い翌年に向け動きました。翌28年には、足利工業大学の『わたらせ祭』と足利あきまつりにて展示を実施。多くの方が足を止めて、見学してくださいました。ありがとうございました。今年も足利工業大工の『わたらせ祭』と足利市が行う秋のイベントに向け準備を進めています。ご来場お待ちしております。

大学・地域連携プロジェクト

Twitter開設
今後の活動内容や活動の様子は、Twitterにて
掲載していきます。楽しみにしていてください。

https://twitter.com/_chiikirenkei_?lang=ja


TOPへ戻る