足利短期大学

教員紹介

最終更新日:2016.04.05

教員紹介

教員紹介

髙倉 秋子 学長/教授
髙倉 秋子 学長/教授担当科目:こどもと音楽(器楽)
音楽を担当しています。音楽表現技術Ⅳでは、保育の中で子どもたちと音楽をどのように楽しんでいけるのか、理論を踏まえ実践的に学習しますので皆さんも楽しんでください!
伊藤 七男 教授
伊藤 七男 教授担当科目:こどもと造形、教育の方法と技術Ⅱ(造形) 他
幼児が出会う初めての描画材料オイルパステルで素晴らしく感動できるような活動ができればと思って制作研究をしています。
3322
佐々木 由美子 教授担当科目:教育原理・教育制度論、こどもの保健 他
幼児期の教育は生涯にわたる人格形成に影響を与えます。本学で学ぶ学生が求められる保育者となり、多くのこどもたちの幸せにつながることを期待しています。
丸山 政敏 学科長
丸山 政敏 教授担当科目:こどもと運動、教育の方法と技術Ⅲ(運動) 他
幼児体育専門教員の丸山政敏です。保育の現場で使える、また必要な幼児の体育遊びと指導法を担当しています。運動遊び実践法の選択科目も履修しておいたほうが、就職してからも役に立ちますよ。楽しい内容の授業です。
久米 百合子 准教授
久米 百合子 准教授担当科目:体育理論、体育実技、総合表現Ⅰ・Ⅱ 他
ヒトは、長い進化の過程で獲得して来た形質や受け継がれてきたもの等を複雑に加味し存在しています。独特な身体特性を理論と実践から考えることはとても興味深いものです。
橋本 好広 准教授
橋本 好広 准教授担当科目:こどもと家庭福祉、社会福祉、こども家庭支援論 他
社会福祉の内容やどのようにしたら保護者の支援ができるのかということを授業で伝えています。保育者のエキスパートになるべく、一緒に学んでみませんか。
釆澤 陽子 講師
釆澤 陽子 講師担当科目:情報処理Ⅰ・Ⅱ、教育方法論Ⅱ(コンピュータ) 他
実際に現場で配布されている園だよりや運動会プログラムなどを参考に演習を行っていきますので、現場で活かせる教材を1つでも多く習得しましょう。
髙橋 由紀 講師
髙橋 由起 講師担当科目:こどもと音楽(ピアノⅠ)、教育の方法と技術Ⅰ(音楽) 他
子どもたちは音楽が大好き!保育の中で子どもたちと音楽を通してどのように関わり、どのような音楽表現が出来るのか、理論と実践をバランスよく学習していきましょう。音楽は楽しい!を感じてください。
松山 寛 講師
松山 寛 講師担当科目:こどもと環境、乳児保育Ⅰ・Ⅱ、保育実習研究 他
実際の保育現場で関わる子どもや家庭の状況は様々です。多様な子どもとの実際の関わりを想像しながら、自分の理想の保育を思い描いていってください!その先に豊かな保育実践があるはずです。
池田 法子 助教
池田 法子 助教担当科目:特別支援教育Ⅰ・Ⅱ(障がい児保育含む)、社会的養護Ⅰ 他
私たちはみんな一人ひとり違います。ともに学び、ともに生きていく社会について考えていきましょう。勇気を持ってチャレンジしていく学生生活を応援しています。
柿沼 友岐 助教
柿沼 友岐 助教担当科目:保育教材研究Ⅰ(表現シアター)保育教材研究に(あそび歌)、保育実習研究 他

 

高倉 秋子 学長/教授

略歴
東京藝術大学器学科打楽器
学位
学士(芸術学)
専門・研究テーマ
教科教育(器楽)
主な著書
・保育者のためのリズムあそび(共著 音楽之友社,2007)
・エンジョイ パーカッション アンサンブル(単著 共同音楽出版社,2006)
・こどもといっしょに たのしく打楽器(共著 共同音楽出版社,2000)
・童謡ピッコリーノ(共著 共同音楽出版社,1999)
主な論文
・絵本を題材とした子どもの表現-年長児の実践を通して-(足利短期大学紀要vol.39,2019)
・保育者を目指す学生の表現に対する気づき-音楽表現技術の授業を通して-(足利短期大学紀要vol.38,2018)
・保育を目指す学生の表現に対する気づき-音楽表現技術の授業を通して-(足利短期大学紀要Vol.38(1) ,2018)
・音楽表現技術における合奏の学び(足利短期大学紀要Vol.37(1) ,2017)
・幼稚園実習前後における保育者志望動機の変化(足利短期大学研究紀要Vol.32(1) ,2012)
・保育者との関わりを考える(足利短期大学研究紀要Vol.31(1) ,2011)
担当科目
こどもと音楽(器楽)

伊藤 七男 教授

略歴
東京藝術大学大学院美術研究科
学位
修士(芸術学)
専門・研究テーマ
芸術学,美術
主な著書
・花火学入門 花火の色彩学(1)(プレアデス出版,2006)
・子どもと表現 美術教育と表現(日本文教出版,2009)
・ナナグラム 誰でも楽しめるオイルパステル(世紀工房,2010)
社会貢献
・つながるひろがるアート展顧問
・あそびの学校理事
・足利市立美術館対話型鑑賞会副会長
主な論文
・天開くどこから来て,どこへいくのか(足利短期大学紀要,Vol27,2007)
・水彩の回廊-2004年から2007年の歩み-(足利短期大学研究紀要,Vol28,2008)
・出会いの時-お茶の水画廊の個展から-(足利短期大学研究紀要,Vol28,2008)
・30年目の和差美(足利短期大学研究紀要,Vol29,2009)
担当科目
こどもと造形、教育の方法と技術Ⅱ(造形) 他

佐々木 由美子 教授

略歴
群馬大学大学院教育学研究科
立正大学大学院社会福祉学研究科博士後期課程修了
学位
修士(教育学)・博士(社会福祉学)
専門・研究テーマ
保育学,多文化保育
主な著書
・保育者・小学校教師のための道しるべ(共著、学文社、2017)
・現代の障がい児保育(共著、学文社、2016)
・コンパクト版保育内容シリーズ『教育原理』(共著、一藝社、2016)
社会貢献
・足利市特別支援連携協議会委員
・足利市民戦略会議委員
・NPO法人わくわく広場の会理事
・足利市市民活動支援補助金事業等専攻委員会会長
主な論文
・保育者養成における多文化理解の涵養-保育教材研究Ⅰ(多文化保育)の授業実践から-(足利短期大学紀要38(1)、2018)
・ドイツNRW州における就学前教育改革と多文化共生保育(保育学研究55(2)、2017)
・子どもの健やかな心を育む保育-エリクソンの心理発達理論の視点から-(足利短期大学紀要37(1)、2017)
・遊び広場への参加による学生の多文化社会や多文化保育絵の理解の変容(健康福祉研究 13(1)、2016)
・遊び広場の活動が多文化コミュニティーにもたらしたもの-運営者の意識変容に着目して- (地域福祉サイエンス 3、2016)
・障がい児保育における発達障がい児理解のための疑似体験の試み(社会福祉科学研究 5、2016)
・外国籍保育士による支援が外国籍児の保育園適応に及ぼす心理的効果に関する質的研究(子育て研究  5、2015)
・外国籍保育士のナラティブから見た成長プロセス(足利短期大学紀要 35(1)、2015)
・群馬県大泉町における外国籍児の保育エスノグラフィー(地域福祉サイエンス 2、2015)
・多文化共生保育における外国籍保育士の役割(こども環境学研究 10(2)、2014)
・保育園における外国籍保護者の語りからみた母語の重要性と外国籍保育士の役割(立正社会福祉研究Vol.15(1), 2013)
・多文化共生保育における言語コミュニケーションの意義(立正社会福祉研究Vol.13(2), 2012)
・「気になる子ども」の保育困難と言語的コミュニケーション(帝京短期大学紀要Vol.17, 2012)
担当科目
教育原理・教育制度論、こどもの保健 他

丸山 政敏 教授

略歴
日本大学文理学部体育学科
学位
学士(体育学)
専門・研究テーマ
幼児体育
主な著書
・運動会種目運営アイデア大辞典(共著:チャイルド本社,1991年)
・ヒット曲でリズムあそび(単著:チャイルド本社, 1995年)
・幼児の健康と運動あそび(共著:保育出版社, 1999年)
・これでバッチリ!ノリノリうんどうかい(単著:チャイルド本社, 2005年)
社会貢献
・足利市スポーツ推進審議会会長
・足利市若手スポーツ有望選手審査会会長
・足利市ファミリースポーツ教室講師
・足利市ジュニアスポーツ教室講師
主な論文
・年長児における体育あそびから技術習得までの変化について(足利短期大学研究紀要Vol.24, 2004年)
・幼児及び老年者の転倒の研究-学生の実体験を重視した教育研究(足利短期大学研究紀要, Vol.20(1), 2000年)
・保育現場における幼児のなわとびを中心とした段階的学習に関する一試案(日本保育学会大会研究論文集Vol.43, 1990年)
担当科目
こどもと運動、教育の方法と技術Ⅲ(運動) 他

久米 百合子 准教授

略歴
お茶の水女子大学大学院人文科学研究科
学位
修士(文学)
専門・研究テーマ
動作学,身体教育学
社会貢献
・足利市スポーツ振興審議委員
主な論文
・クラシックバレエレッスンの身体科学的研究(お茶の水女子大学人文科学紀要,Vol.45, 1992)
・クラシックバレエレッスンにおけるバーレッスンについて(体育の科学,Vol.44, 1994)
・本学学生の約20年間の体力および体格の推移について(足利短期大学研究紀要,Vol.31, 2011)
・科学的分析からみたバレエトレーニングについて(ヘルスサイエンス研究Vol.15(1), 2011)
担当科目
体育理論,体育実技,総合表現Ⅰ・Ⅱ,こどもと健康 他

橋本 好広 准教授

略歴
日本社会事業大学大学院社会福祉研究科
学位
修士(社会福祉学)
専門・研究テーマ
児童家庭福祉,スクールソーシャルワーク
主な著書
・スクールソーシャルワーク論―歴史・理論・実践(共著、学苑社、2008)
・うかるぞ 社会福祉士(共著、週刊住宅新聞社、2009)
・新スクールソーシャルワーク論―子どもを中心にすえた理論と実践―(共著、学苑社、2012)
・『保育と家庭支援論』(共著、学文社、2015)
・『考え、実践する 施設実習』(共著、保育出版社、2015)
・『全訂 子どもの福祉と子育て支援』(共著、みらい、2015)
・『子どもと家族をアシストする相談援助』(共著、保育出版社、2017)
・『コンパクト版保育者養成シリーズ 家庭支援論』(共著、一藝社、2018)
・『コンパクト版保育者養成シリーズ 児童福祉』(共著、一藝社、2018)
・『コンパクト版保育者養成シリーズ 相談援助』(共著、一藝社、2018)
社会貢献
・足利市子ども・子育て会議 会長
主な論文
・「スクールソーシャルワーカー活用事業」の動向と課題(ライフデザイン学研究,Vol.4, 2009)
・埼玉県における「スクールソーシャルワーカー活用事業」-スクールソーシャルワーカー活用事業における活動記録の分析-(ライフデザイン学研究,Vol.5, 2010)
・子どもの権利擁護サービスとしての「スクールソーシャルワーカー活用事業」-オンブズマンとの連携を見据えて-(ライフデザイン学研究,Vol.6, 2011)
・「保育士養成における施設実習研究の現状について」(近畿大学豊岡短期大学論集,Vol.10, 2013)
・「スクールソーシャルワークと権利擁護に関する一考察」(『社会福祉学研究』第3号2014)
・「子どもの貧困対策におけるスクールソーシャルワーク」(『足利短期大学研究紀要』第35巻2015)
・「スクールソーシャルワークと教育福祉論に関する一考察」(『足利短期大学研究紀要』第36巻2016)
・「スクールソーシャルワークの目的に関する一考察―福祉教育論との体系化をめざして―」(社会福祉科学研究所『社会福祉学研究』第5号2016)
・「保育ソーシャルワークの動向と課題」(『足利短期大学研究紀要』第37巻2017)
担当科目
こどもと家庭福祉、社会福祉、こども家庭支援論 他

釆澤 陽子 講師

略歴
足利工業大学大学院工学研究科システム情報工学専攻
学位
修士(工学)
専門・研究テーマ
情報科学
主な論文
・保育者に求められる情報処理能力の育成に関する一考察(2)―現場での活用を踏まえた学習課題の工夫―(足利短期大学紀要,Vol.38(1),2018)
・教科間連携を生かした意識の変容に関する考察(足利短期大学紀要,Vol.38(1),2018)
・保育者に求められる情報処理能力の育成に関する一考察-学生のPC技術・知識を踏まえた授業展開の工夫と課題-(足利短期大学紀要,Vol.37(1),2017)
・保育実習に関する研究Ⅰ -事後指導における自己評価と実習振り返りを中心に-(足利短期大学紀要,Vol.34(1),2014)
・ローネ三角形分割を用いた天気図の作成と気象情報の抽出(足利短期大学紀要,Vol.31(1),2011)
・HTMLを用いた血圧測定に関する学習プログラムの検討(共立女子短期大学看護学科紀要Vol.7,2012)
・学内LANを使用したCAIシステムの構築(足利短期大学研究紀要,Vol.28(1) ,2008)
担当科目
情報処理Ⅰ・Ⅱ、教育方法論Ⅱ(コンピュータ) 他

髙橋 由起 講師

略歴
 東京学芸大学大学院教育学研究科 音楽コース
学位
 修士
専門・研究テーマ
 こどもと音楽,管楽器(フルート)
社会貢献
・栃木市アーティストアーカイブス登録
・Chemin de Neige 子供たちと作る音楽会講師,演奏
・栃木市中学校吹奏楽部臨時講師
主な著書
・『ルネサンス・バロック音楽体系』コラムvol.16「コーヒーカンタータ」(共著:ユニバース出版,2008年)
主な論文
・音楽表現技術における合奏の学び(足利短期大学紀要Vol.37(1) ,2017)
・教育実習における主活動選択の動向(足利短期大学紀要Vol.37(1) ,2017)
・A.Jolivet 作曲≪リノスの歌≫におけるリズム要素の役割と演奏効果の一考察(東京学芸大学大学院教育学研究科,2007)
担当科目
こどもと音楽(ピアノⅠ)、教育の方法と技術Ⅰ(音楽) 他

松山 寛 講師

略歴
 明星大学大学院教育学研究科教育学専攻 博士課程前期課程修了
学位
 修士(教育学)
専門・研究テーマ
 保育学、多文化保育
社会貢献
・かわさき多文化保育研究会 呼びかけ人
・栃木県立足利清風高校 「こどもの発達と保育」担当
主な論文
・日本と韓国の多文化保育(川崎市役所研修報告,2010)
・イスラエルにおける多文化保育と日本の保育の課題(全国保育士養成協議会 第55回研究大会
研究発表論文集, 2016)
・日本と韓国の乳児保育制度及び現状の比較考察(共著:足利短期大学研究紀要,Vol37,2017)
・自閉症スペクトラムを追体験するカードゲームによる学生の気づき(共著:足利短期大学研究紀要,
Vol37,2017)
・幼稚園における特別支援教育コーディネーターの専門性(足利短期大学研究紀要,Vol38,2018)
・保育実習日誌・指導案において保育士が求める国語表現―実習園へのアンケート調査を通して―
(足利短期大学研究紀要,Vol38,2018)
担当科目
こどもと環境、乳児保育Ⅰ・Ⅱ、保育実習研究 他

池田 法子 助教

略歴
京都大学大学院教育学研究科
学位
修士(教育学)
専門・研究テーマ
社会教育・生涯学習、障害児教育
主な論文
・デンマークにおける特別なニーズのある若者教育政策の展開―特別計画若者教育(STU)を中心にー(京都大学大学院教育学研究科紀要, Vol.64, 2018)
・1920-30年代の聾唖者にみる「公民」概念の受容と抵抗―『聾唖界』の手話をめぐる議論を中心にー(京都大学大学院教育学研究科紀要, Vol.63, 2017)
・近代日本における聾唖運動の社会教育的検討―雑誌『聾唖界』の考察からー(公教育計画研究, Vol.7, 2016)
担当科目
特別支援教育Ⅰ・Ⅱ(障がい児保育含む)、社会的養護Ⅰ 他

柿沼 友岐 助教

略歴
 足利短期大学幼児教育科
学位
 短期大学士(保育学)
専門・研究テーマ
 保育技術
活動履歴
 ・シルバー大学南校 コミュニケーションワーク講師(2018/11)
・栃木県児童館・児童クラブ職員研修会講師(2018/11)
・シルバー大学中央校 コミュニケーションワーク講師(2018/10)
・足利市子ども発見教室講師(2018/7)
・足利市子育て支援事業公開講座講師(2017/10)
・下野市子ども育成会研修会講師(2017/4)
・足利市子育て支援セミナー講師(2016/10)
・足利市子育て支援事業公開講座講師(2016/7)
担当科目
保育教材研究Ⅰ(表現シアター)保育教材研究に(あそび歌)、保育実習研究 他