学費・奨学金制度

学費について特待生制度奨学・学費融資制度アパート紹介

学費について

学費について

学費一覧

平成29年度入学生納入金

種別 項目 こども学科
学費 (1)入学金
(2)授業料(前期分)
(3)授業料(後期分)
300,000円
505,000円
505,000円
委託微収金 (4)学友会費(年額)
(5)後援会費(年額)
20,000円
25,000円
1年次納入金合計(1)+(2)+(3)+(4)+(5) 1,355,000円
入学手続時納入金合計(1)+(2)+(4)+(5) 850,000円
後期納入金合計(3) 505,000円

学費納入(在学生の方対象)

納入方法

本学発行の学費納付書により納付してください。納付書は大学から保護者宛に送付します。

  • 前期分の納付書を4月に送付します。(在学生)
  • 後期分の納付書は、9月に送付します。
  • 学費の納入は、納付書により銀行振込としてください。(自動振込機による振込はしないでください)
  • 必ず学生番号・学生氏名を記入してください。
納入期限
前期 4月末日(1年次生は入学手続時に納入済)
後期 10月末日
学費の返還
  • 新入生の前期分の納入金は、理由の如何にかかわらず返還できません。
その他
  • 学費納入期限までに納入がない場合は、除籍措置がとられることがあるので注意してください。
  • やむを得ない理由により、授業料等の納付金を期限内に納入できない場合は、
    延納または分納の方法がありますので、事務室に相談してください。
  • 学費納付書を紛失した場合は、事務室に申し出てください。
学費についての連絡先
電話による受付 0284-21-8242
月曜日~金曜日(土日祝日を除く)8:30~16:30
FAXによる受付 0284-21-1270
このページのトップへ戻る

特待生制度

特待生制度

授業料34万円分免除(1年間)

特待生は、成績が優秀で、また人物も優秀である学生の中から選考し、教授会において決定します。特待生に対しては、表彰するとともに当該年次の授業料34万円を免除します。対象とする学生は、こども学科2年次生(4名以内)です。

このページのトップへ戻る

奨学金制度

奨学・学費融資制度

日本学生支援機構奨学金

日本学生支援機構法により学資の貸与を目的とした奨学金で、無利子の「第一種奨学金」および有利子の「第二種奨学金」があります。本学ではこの奨学金貸与希望者に対し、4月および、日本学生支援機構から募集のあるときに説明会を行っています。説明会の詳細は、学生掲示板で掲示します。また、家計に変更があったときに適用できる奨学金もありますので、詳しくは学務課に相談してください。日本学生支援機構の奨学金制度は、経済的理由により修学が困難な優れた学生に対し、学資の貸与を行うことにより、国および社会に役立つ人材の育英と教育の機会均等に寄与することを目的としています。奨学生の選考は学力・家計・人物・健康について一定の基準に照らし、その総合判定にて行います。日本学生支援機構奨学金は、募集人員・金額が最も多く、経済的に大きな助けとなりますので、大いに活用してください。ただし、貸与修了後、返還しなければなりません。

奨学金の種類と貸与月額(平成29年度私立短大入学者)
第一種奨学金(無利息) 第二種奨学金(利息付)
月額 30,000円
月額 53,000円 (自宅通学)
月額 60,000円 (自宅外通学)
月額 3万円、5万円、8万円、10万円、12万円 から選択
(上限年利率3%、在学中は無利息)
入学時特別増額貸(有利子貸与)
在学生に限り、入学月の基本月額に増額して貸与を受けることができます。
貸与金額 10万円、20万円、30万円、40万円、50万円
募集時期
原則として、募集は春(4月中旬)の年1回です。年度により追加募集をする場合もあります。募集についての詳細は掲示により告示しますので希望者は掲示に十分注意してください。
なお、主たる家計支持者の死亡や失職、または災害などによる家計急変により、奨学金貸与が緊急に必要な場合は、定期募集にかかわらず緊急採用などの制度もありますので、事務室まで気軽に相談してください。
その他の奨学金
地方公共団体(都道府県区市町村)および民間育英団体、その他の奨学金制度があります。各出身地の教育委員会または社会福祉協議会などに問い合わせてください。
なお、申し込む際には、大学が作成する書類が必要な場合もありますので、早めに事務室に相談してください。

学校法人足利工業大学 和田奨学金

学校法人足利工業大学和田奨学金は、貸与奨学金で学業への意思や能力を十分に持ちながら、経済的な理由によって、学業の継続が困難な学生を対象とする奨学金です。卒業後は、月賦により返還することになります。

兄弟姉妹奨学金

足利短期大学、足利工業大学、足利工業大学附属高校、足利短期大学附属高校、足利短期大学附属幼稚園に複数の学生、生徒、園児が同時に在籍する場合、2人目以降の授業料の半額を支給します。

同窓会子女入学金減免制度

足利短期大学同窓会の正会員のお子様の入学金を半額免除する制度です。詳細は同窓会をご覧ください。

オリコ「学費サポートプラン」

オリエントコーボレーション(以下オリコ)との提携で、本学への学納金(授業料、実習費等)を分割して支払うことができる制度です。申込者(学費負担者)の学納金をオリコが本学に立替払いし、オリコへ月々の返済を行なうものです。返済方法は各種方式を選択することができます。入学後に利用可能。

このページのトップへ戻る

一人暮らしをする学生へ

アパート紹介

はじめてのひとり暮らしをサポートします。足利短期大学では希望者に対して、近隣のアパート物件情報をまとめて送付しています。豊富な経験を持つアパートの大家さんが、大学周辺のアパートを紹介します。希望に沿った物件がきっと見つかるはずです。お気軽にお問い合わせください。

◆◆◇足利短期大学近くの不動産屋さん情報◇◆◆

業者名 電話番号 ホームページ
さくら屋不動産 0284-21-2345 http://www.sakuraya.net/
アパマンショップ足利店 0284-64-7221 http://www.apamanshop.com/
レオパレス21 0284-73-1681 http://www.leopalace21.com/private/ashikaga.html

お問い合わせ 《 足利短期大学 事務室 》

電話による受付 0284-21-8242
月曜日~金曜日(土日祝日を除く)8:30~16:30
FAXによる受付 0284-21-1270
このページのトップへ戻る

TOPへ戻る