足利短期大学

免許状更新講習

足利短期大学
令和3(2021)年度 免許状更新講習のご案内

 

1.免許状更新講習の開設について

本学では文部科学大臣の認定を受け、令和3(2021)年度は「必修領域講習」1講習(6時間)、「選択必修領域講習」1講習(6時間)、「選択領域講習」3講習(18時間)を開設いたします。

但し、新型コロナウイルス感染防止対策として、令和3(2021)年度に開設する全ての講習について、ビデオ会議システム「Zoom」による同時双方向型遠隔講習として実施いたします。そのため、今回講習を受講される方は、情報機器(パソコン)を自宅に備え、Wi-Fi等の通信環境が整っており、ビデオ会議システム「Zoom」、文書作成ソフトウェア「Word」及びメールソフト(OutlookやGmailなど)の操作等が、容易に行える方を対象といたします。
※受講中に、情報機器(パソコン)や各種ソフトの操作に関する指導は行いません。
なお、今回の措置は、皆様の健康と安全を最優先とし、感染拡大を防ぐ社会的責任という観点を重んじ、本学としては苦渋の決断をいたしましたことを、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

2.受講対象者

更新講習の受講対象者(講習を受講できる者)は、普通免許状又は特別免許状を有する者で、所持している免許状の有効期間満了日の2年2ヶ月前から2ヶ月前までの2年間に該当する方で、以下の(1)~(12)のいずれかに該当する方。
※講習は、免許状の有効期間満了日の2年2ヶ月前から受講を開始することができますが、それより前に受講することはできません。お間違えのないよう十分御確認ください。

(1)現職教員(校長、副校長、教頭を含む。ただし、指導改善研修中の者を除く)
(2)実習助手、寄宿舎指導員、学校栄養職員、養護職員
(3)教育長、指導主事、社会教育主事、その他教育委員会において学校教育又は社会教育に関する指導等を行う者
(4)(3)に準ずる者として免許管理者が定める者
(5)文部科学大臣が指定した専修学校の高等課程の教員
(6)上記に掲げる者のほか、文部科学大臣が別に定める者
また、今後教員になる可能性が高い者として、次の(7)から(12)に該当する者
(7)教員採用内定者
(8)教育委員会や学校法人などが作成した臨時任用(または非常勤)教員リストに登載されている者
(9)過去に教員として勤務した経験のある者
※保育士としてお勤めの方は、教育職員免許法に定められた教育職員及び教育の職に該当しないため、教員免許更新制の対象ではありません。ただし、以下の保育士の方は講習を受講することが出来ます。
(10)認定こども園の保育士
(11)認可保育所の保育士
(12)幼稚園を設置している者が設置する認可外保育施設の保育士

※文部科学省教員免許状更新制「修了確認期限をチェック」のホームページ
  https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/koushin/003/index1.htm
※本学では、養護教諭及び栄養教諭の方は講習を受講することが出来ません。

3.開設講習一覧・日程

開設講習:全5講習(必修領域1講習、選択必修領域1講習、選択領域3講習)

選択講習①(選択領域・6時間)

開 講 日 令和3年8月2日(月)
講 習 名 【選択】こどもと運動
講 師 小野 覚久(こども学科 准教授)
主な受講対象者 幼稚園教諭向け
講習内容 【同時双方向型】
本講習では、幼児体育としての運動を中心に、コオーディネーション理論に基づいたコオーディネーション運動による子どもの生活行動の改善と、体力向上の方法について講義と実技を行います。また、音楽や造形などにおける身体の使い方や、現場における子どもの課題への対応の方法を運動の観点から改善を図る運動指導、運動遊びの方法について取り扱います。
定 員 50名
受 講 料 6,000円

選択講習②(選択領域・6時間)

開 講 日 令和3年8月3日(火)
講 習 名 【選択】特別なニーズのある子どもたちの理解と支援
講 師 池田 法子(こども学科 講師)
主な受講対象者 幼稚園教諭向け
講習内容 【同時双方向型】
就学前教育において、特別なニーズのある子どもたちをどのように理解し支援していけばよいかを考える。具体的には、多様な子どもたちがともに学ぶインクルーシブ保育・教育や合理的配慮をめぐる動向、法的背景、発達障害を含む様々な教育的ニーズの基本的内容等を解説する。さらに、事例を通して援助の在り方について具体的に検討する。
定 員 50名
受 講 料 6,000円
そ の 他 この講習は令和元年度に開設した講習と同内容となるため、前回の同講習を受講された方は、この講習を受講することは出来ません。

選択必修講習 (選択必修領域・6時間)

開 講 日 令和3年8月4日(水)
講 習 名 【選択必修】学校教育と社会の関係性について
講 師 西 敏郎(こども学科 教授)
主な受講対象者 幼稚園教諭向け
講習内容 【同時双方向型】
学校は社会の要請によって設置されますが、その改革も社会の要請によって行われます。本講座ではそういった視点から、近代から現代における学校教育と社会の関係性を解説していきます。
また学校教育の変化を見れば、その時代時代において社会が学校や子ども達に求めていたものが良く理解できます。そしてその推移から社会の変化も理解できます。そういった部分も解説します。
定 員 70名
受 講 料 6,000円

選択講習③ (選択領域・6時間)

開 講 日 令和3年8月5日(木)
講 習 名 【選択】これからのこどもの造形表現とそれを支えるための基礎基本
講 師 茂木 克浩(こども学科 講師)
主な受講対象者 幼稚園教諭向け
講習内容 【同時双方向型】
本講習では、保育現場におけるこどもの造形表現活動のあり方について再考すると共に、保育者としてそれらを支えるために必要となる基礎的、基本的な知識の獲得を目指す。講習の中では、プロセスを見ることの大切さやそれを記録するドキュメンテーションのあり方、色彩に関する基礎知識やその多様性についても扱う。本講習はオンライン(双方向型)で行う。また講習内で簡単な実技を実施予定である。
定 員 50名
受 講 料 6,000円

必修講習 (必修領域・6時間)

開 講 日 令和3年8月6日(金)
講 習 名 【必修】幼児教育の最新事情
講 師 佐々木 由美子(こども学科 教授)
主な受講対象者 幼稚園教諭向け
講習内容 【同時双方向型】
「国の教育政策や世界の教育の動向」「幼稚園教諭としての子ども観、教育観についての省察」「子どもの発達に関する最新の知見」(特別支援教育に関するものを含む)」「子どもの生活の変化を踏まえた課題」の4領域で構成し、それぞれの項目について受講者とともに考察します。インターネットの「同時双方向型」を用いての講義中心の授業ですが、事例検討・ディスカッション・グループワークも行う予定です。
定 員 70名
受 講 料 6,000円

4.講習時間・講習会場・受講料・募集定員

講習時間
8:50~16:20(オリエンテーション,事後アンケート含む)
※この時間のほか、試験解答をメール提出する時間が必要となります。

受講方法
ビデオ会議システム「Zoom」による同時双方向型遠隔講習
※受講者は自宅等のパソコンにて、該当する講習のミーティングにアクセスして受講していただきます。なお、本学内の施設において受講することは出来ません。

受講料

1講習(6時間) 6,000円
※本学卒業生は受講料を半額免除いたします。

募集定員
必修領域講習・選択必修領域講習 各70名、選択領域講習 各50名

5.申し込み方法・期間・受講可否発表

受講申し込み受付期間内に、以下の申込み方法にてお申し込み下さい。
※申し込み方法・申し込み期間は、変更となる場合があります。

申し込み方法

本学ホームページ「入力フォーム」での申し込み

※受講者の決定は、講習ごとに受付順と致します。ただし、この入力フォームの特性上、講習ごとに定員に達した時点で締め切ることが出来ません。そのため、入力フォームに必要事項を入力し、送信後に確認メールを受信しても講習の定員以内とは限りません。受講者の決定は6月25日(金)の受講者発表(郵送)をもって決定いたします。

受講申し込みはこちら

※迷惑メール対策を設定しているメールをご使用(登録)される方は、確認メールが受信できるよう、事前に「@google.com」からのメールが受け取れるよう設定をお願い致します。

申し込み期間
令和3年6月16日(水)9時~6月22日(火)
※定員になり次第締め切ります。

受講者発表(郵送)
令和3年6月25日(金)発送
※発表は、発表当日に発送する通知にてお知らせします。
受講の可否に関する問い合わせについては、一切応じられません。
受講が決定された方には、受講手続き書類一式を同封します。
受講手続きで、受講資格が確認できない場合は、受講許可の取消しをさせて頂きます。

6.受講手続期間・方法・受講費用・納入方法等

受講が決定された方は、受講手続き期間内に以下の手続きを行って下さい。
※期日までに必要書類の提出及び受講料の納入がない場合は、受講の意思がないと見なし、受講資格の取り消しをさせていただきます。

受講手続期間
令和3年6月28日(月) ~ 7月9日(金)

提出書類
免許状更新講習受講申請書
(必要事項をもれなく記入し、「免許更新講習申込書」の「受講資格者の区分」に記入した、学校等に所属する学校長等の証明を受けて下さい。証明者は、受講者の勤務先・職種等により異なります。)
※受講申請書にて受講資格が証明できない場合は、受講許可の取り消しをさせて頂きます。
写真1枚
(縦3cm×横2.4cm、3ヶ月以内に撮影したもので、正面向、上半身、無帽の写真を1枚用意し、免許状更新講習受講申請書に貼付して下さい。)
免許状更新講習事前アンケート
(受講する講習ごとに、事前アンケートに回答して下さい。)
振込証明書貼付台紙
(必要事項を記入し、振込証明書の写し(振込みの際に、金融機関で受け取る振込証明書・振込金受領書・振込受付書等)を、振込証明書貼付台紙に貼付して下さい。)

受 講 料
1講習 6,000円
※本学卒業生は受講料を半額免除いたします。

納入方法
受講手続き期間内に、金融機関に備付けの振込用紙を使用して、本学指定の銀行口座に該当金額を振り込んで下さい。
また、必ず振込証明書の写し(振込みの際に、金融機関で受け取る振込証明書・振込金受領書・振込受付書等)を、同封の振込証明書貼付台紙に貼付して提出して下さい。
なお、納入期間内に、受講料の振込みがない場合は、受講を辞退したものとして処理いたします。

キャンセル料について
受講料払込後に、受講を辞退した場合は、次の基準により受講料を返還します。受講料払込前に、受講を辞退する場合は、キャンセル料は不要です。

受講辞退届をお申し出いただいた日
返金額
7月9日までに辞退する場合 講習ごとに受講料から1,000円を差し引いた額を返金
7月10日以降に辞退する場合 返 金 な し
講師の急病等、本学の都合で開講を中止した場合 全 額 返 金

※一度辞退した場合は、辞退の取り消しが出来ませんのでご注意ください。

7.個人情報の取扱いについて

受講申込書等に記載された氏名、住所その他の個人情報は、教員免許状更新講習に付随する業務を行うために利用するものとし、その他の目的には利用しません。

8.書類提出先・問合せ先

足利短期大学 事務室 免許状更新講習係
〒326-0808 栃木県足利市本城三丁目2120番地
TEL 0284-21-8242  FAX 0284-21-1270
E-Mail jimu.ajc@g.ashikaga.ac.jp
問合せ受付時間 月曜日~金曜日8時30分~16時30分
※土日、祝祭日は休業となります。