学部・学科・大学院

Academics

  1. TOP
  2. -
  3. 学部・学科・大学院 – 看護学部

幅広い知識と技術をもつ
「心ある看護者」を育成します。

看護学部

ASHIKAGA UNIVERSITY Faculty of Nursing

看護学科Department of Nursing

あたたかな心があふれる社会の実現のために、豊かな人間性を兼ね備えた「心ある看護者」が今ほど求められている時代はありません。2014年4月、足利大学は系列の足利短期大学看護学科を看護学部看護学科に改組いたしました。看護師に加え、保健師や養護教諭も目指せる特色のある看護学部として、看護学と工学が出会った看工連携という新しいカタチの看護者の養成を新たにスタートしました。建学の精神である「和を以って貴しと為す(以和為貴)」を体現できる心ある人間として多くの人々に貢献できる看護者を目指しましょう。

看護教育20年の実績

本法人は、1925年(大正14年)足利市月見ヶ丘に足利実践女学校を設立したことに始まり、子女教育に貢献しました。1996年、足利短期大学看護科を設立し、約20年にわたり看護教育の実績を積み重ねてまいりました。そして、2014年改組し看護学部を開設しました。更なる実績を積み重ねてまいります。

カリキュラム実践の特徴
学生参加型授業
授業は講義、演習、実習の形式で行われ、少人数で行われるゼミナール以外でも学生参加型の授業を展開し、双方向性のある授業を行います。学問への関心を高め、主体的な学修の促進を図っていきます。
臨地実習環境への対応
学内の演習では、学生が臨地実習で経験する看護技術に関係するシミュレーションモデル、視聴覚教材等を活用することで、臨地実習環境をイメージしながら、臨地実習への適応力を身につけていきます。
シミュレーション教育環境の充実 シミュレーションラボ 
現在の医療は病院完結型から地域完結型へとシフトしています。このような複雑で多様な状況に対応する看護実践能力向上をめざし、アクティブラーニングの有能な教育形態である、シミュレーション教育の環境整備を目指しています。本学部の自学自修の精神にのっとり、学生が主体的に学びを深められるよう支援していきます。