附属機関

Subsidiary organ

  1. TOP
  2. -
  3. 看護実践教育研究センター

ご挨拶

看護実践教育研究センターは、本学部の創設を準備する平成25年1月に、医療の高度化に対応した看護実践の研究および看護実践支援を行うことを目的として設置されました。工学等の他分野との協力も推進することを目指しています。
 大学と看護実践現場との連携を強化し、看護実践の研究活動の基盤を整えながら、直面している課題のひとつひとつを丁寧に解決し、看護の質の向上へ寄与できるよう取り組んで参りたいと存じます。

令和4年4月1日
看護実践教育研究センター長 佐藤栄子

事業内容

主な看護実践教育センターの事業内容を示します。

  1. 看護技術の研究と開発に関すること
  2. 看護専門職の活動支援に関すること
  3. 学内及び他大学・研究機関などとの学術活動に関すること
  4. 地域の教育活動および文化的事業の支援に関すること
  5. 看護学の教育、研究に関わる紀要の発行に関すること
  6. その他、センターに関連する必要な事業及び活動に関すること
看護実践教育研究センターと大学、実践現場との連携

 看護学実践教育研究センターは、看護学と工学の研究成果を融合し、科学的思考に基づいた質の高い看護実践の提供に向けた研究および看護実践支援を行うことを目指しています。

新着情報